みやかわデンタルクリニック名古屋歯科ニュース

親知らずが口臭の元になってしまう原因と対処法

親知らずが口臭の元になってしまう原因と対処法

電車や街なか、オフィスなどでふとした時にほかの人の口臭を感じると、自分の口は臭くないだろうか、臭くなりたくないなどと考えてしまいますよね。いつも歯を磨いて綺麗にしているつもりでも親知らずのある方は知らず知らずのうちに親知らずが口臭の元になっている可能性があります。親知らずが口臭の原因になってしまう理由と対処法についてお教えしますので参考にしてみてください。

親知らずは約8割が斜めに生えていたり、歯茎がかぶさった形で生えてしまっています。この生え方が原因の根本にあるのですが、1つ1つ詳しく見ていきましょう。

親知らずに食べかすが溜まってしまっている

斜めに生えてしまった親知らずの周りは食べ物が非常に詰まりやすい状態になっています。気をつけてブラッシングしているつもりでも奥の方に食べかすが残っている場合が多いです。更に親知らずの周りの歯茎から出血が起きるとこの食べかすと混ざりとても不快な臭いを出してしまいます。

虫歯ができてしまっている

親知らずは斜めに生えている場合が多く、一番奥の歯であるためどうしても磨きにくく虫歯になってしまう可能性が高いです。また、親知らず自体が虫歯になっていない場合も親知らずの手前の歯との間に食べかすがつまってしまい、親知らずの手前の歯が虫歯になっているのもよく見られるケースです。虫歯ができると虫歯菌が出すガスが口臭の原因になってしまいます。

親知らずの周りに膿が溜まってしまっている

親知らずやその手前の歯が虫歯になってしまった場合、膿が溜まり口臭の原因となります。親知らずの場合は歯茎がかぶさっている場合が多く、虫歯になっていない場合でも膿が溜まってしまう場合があります。他の歯の周辺に比べて膿が溜まりやすい環境であることに気をつけましょう。

歯周病になっていまっている

親知らずの手前の歯が虫歯になりやすいこと、膿が溜まりやすいことが影響し歯周病になってしまっていると口臭の原因となります。歯周病は歯茎の周りの骨が溶けていく病気で、溶けた骨の隙間にさらに膿が溜まることで口臭が強くなってしまいます。

さて、親知らずが口臭の原因になってしまう理由についてお伝えしてきましたが、どのように対策すればいいのでしょうか。2つの方法をお知らせいたしますので口臭対策に役立ててください。

1.タフトブラシを使って親知らずの隙間をケア

ここまで触れてきたように親知らずは生え方の問題で磨き残しが生まれやすい状態にあります。通常の歯ブラシでは磨ききるのが難しいためタフトブラシという部分用の歯ブラシを併用しましょう。タフトブラシは細いカギ状のスティックの先にブラシの束が付いている歯ブラシで奥歯のケアをするのに最適です。

2.マウスウォッシュで親知らずの膿や腫れをケア

すでに食べかすなどが原因で歯茎が腫れてしまっている場合はタフトブラシでケアするのが痛い場合があります。そこでマウスウォッシュを利用します。マウスウォッシュであれば奥の奥の隙間まで届きますので親知らずにもバッチリですね。膿や腫れをケアする場合は殺菌作用が含まれたマウスウォッシュを選んでください。

誰もが気になる口臭。日頃のケアを怠らないことで口臭の温床になってしまいやすい親知らずもしっかり対策することができます。今回の記事を参考にしていただいて今日もいい息でお過ごしください。

このブログはみやかわデンタルクリニックが運営しています

お口のトラブルでお困りの方はお気軽にお問い合わせください

  • 052-565-6480 [診療時間]9:30〜13:30/14:30〜18:30 [定休日]日曜・祝日
  • 052-565-6480
  • インターネットから診察の予約をする
親知らずが口臭の元になってしまう原因と対処法

お問い合わせ

このブログはみやかわデンタルクリニックが運営しています。
お口のトラブルでお困りの方はお気軽にお問い合わせください。

  • 052-565-6480 [診療時間]9:30〜13:30/14:30〜18:30 [定休日]日曜・祝日

親知らずのアクセスランキング人気のある記事をランキングでご紹介します

おすすめのキーワード話題になっているキーワードはこちら

キーワード一覧はこちら

関連する特集最新の話題や季節に合わせた特集ページはこちら

おすすめのまとめ注目すべき情報をまとめました

カテゴリー一覧