みやかわデンタルクリニック名古屋歯科ニュース

ホワイトニング歯磨き粉で歯の黄ばみを効果的に落とす方法

ホワイトニング歯磨き粉で歯の黄ばみを効果的に落とす方法

ホワイトニング歯磨き粉で歯の黄ばみを効果的に落とす方法

ホワイトニング歯磨き粉で歯の黄ばみを効果的に落とす方法

コーヒーや紅茶、タバコが好きな人にとっては歯の着色・黄ばみは特に気になるもの。でも歯医者に行ってまでホワイトニングするのはちょっとおっくうだしもう少し簡単に始めてみたいですよね。テレビCMでも歯が白くなることをアピールしている歯磨き粉がたくさんありますが、今回はホワイトニング歯磨き粉でのホームケアの方法をお教えいたします。

ホワイトニング用歯磨き粉とは

まず、ホワイトニング歯磨き粉とそうではない歯磨き粉の違いですがホワイトニング歯磨き粉には以下のような成分が含まれております。

  • 色素を分解する科学的な成分
  • 歯の表面の着色を磨いて落とす研磨剤の成分

歯そのものを白くしているのではなく、歯についてしまった色を分解して落とすか、削り落として白くしているということですね。ちなみに歯科医院では歯そのものを白くするホワイトニング剤を使用したケアが行われております。また、海外のホワイトニング歯磨き粉にはホワイトニング剤が含まれているものもありますが、日本では残念ながらまだ認められておらず、色素を分解する成分や研磨剤の成分が含まれているものしか市販されていません。

ホワイトニング歯磨き粉での自宅での効果的な使い方

ホワイトニング歯磨き粉には使い方や使う順番によって効果に違いが生まれてきます。また、注意すべきポイントについても記載していますので参考にしてください。

手順1:まずは表面の着色を削り落とす

ホワイトニング歯磨き粉には色素を分解するものと研磨剤のようなものとがあるとお伝えしましたが、まずは研磨剤タイプのものを使用します。研磨剤タイプのものには歯磨き粉だけではなく、消しゴムのような形をしたものや、指サックのような形をしたものも多く市販されています。まずこの研磨剤タイプのものを使用することによって表面の頑固な着色を落としましょう。ただし、研磨剤タイプのものを使い過ぎると歯の表面のエナメル質が傷ついてしまうので注意してください。使用方法や頻度は商品の注意書きを確認しましょう。

手順2:ホワイトニング歯磨き粉で色素を分解する

研磨剤タイプのもので歯の表面の着色を落としたら色素を分解する成分を含んだホワイトニング歯磨き粉でブラッシングしましょう。先に研磨剤タイプのもので表面の着色を落としたことによって歯磨き粉の成分が歯に届きやすくなるため色素分解の効果がより期待できます。

フッ素ジェルで歯磨き後のケアもバッチリ

歯を白くするためにここまで着色を削ったり分解して落としてきましたが、同時に歯の表面に細かい傷が付いている状態になってしまっています。細かい傷が付いている状態ですと色素がよりくっつきやすくなってしまっておりますのでせっかく落とした黄ばみがまたついてしまうことになりかねません。そこで歯磨き後には市販のフッ素ジェルを使用しましょう。フッ素ジェルを使うと歯の再石灰化時に歯の表面のエナメル質と結合し、より強い歯に修復してくれます。フッ素ジェルにはもちろん虫歯予防効果もありますのでホワイトニング後のケアと合わせて一石二鳥ですね。

このブログはみやかわデンタルクリニックが運営しています

お口のトラブルでお困りの方はお気軽にお問い合わせください

  • 052-565-6480 [診療時間]9:30〜13:30/14:30〜18:30 [定休日]日曜・祝日
  • 052-565-6480
  • インターネットから診察の予約をする
shutterstock_379949584

お問い合わせ

このブログはみやかわデンタルクリニックが運営しています。
お口のトラブルでお困りの方はお気軽にお問い合わせください。

  • 052-565-6480 [診療時間]9:30〜13:30/14:30〜18:30 [定休日]日曜・祝日

ホワイトニングのアクセスランキング人気のある記事をランキングでご紹介します

おすすめのキーワード話題になっているキーワードはこちら

キーワード一覧はこちら

関連する特集最新の話題や季節に合わせた特集ページはこちら

おすすめのまとめ注目すべき情報をまとめました

カテゴリー一覧