みやかわデンタルクリニック名古屋歯科ニュース

インプラントとは

インプラントとは

抜けてしまった歯の治療法としてインプラント治療を選択される方が増えています。しかしインプラントという単語はよく聞くけれど実際にどのような治療法であるかは知らないという方も多いのではないでしょうか。今回の記事ではインプラントについて基本的な情報をご紹介いたします。

インプラント=人工歯根

さて、近年インプラントというという治療法をよく耳にするようになりましたが、インプラントとはどういう意味なのでしょう。元々の英語の「implant」は「埋め込む」「移植する」と言った意味の単語です。歯科用語ではそこから転じて骨に埋め込む人工歯根のことをインプラントと言います。歯は外から見えている部分の他に骨とつながった歯の根っこがありますが、歯を抜いてしまった、抜けてしまった人はこの根っこの部分も失ってしまっています。インプラントでは失ってしまった歯の根っこの代わりにネジのような部品を歯に埋め込むことによって人工的に歯根を作り、その上に義歯を被せることで新しく歯を作ります。

インプラントは人工歯根のことであるとお伝えしましたが、実際には3つの部品で成り立っています。

1.インプラント体

骨の中に埋め込む部分をインプラントまたはインプラント体と言います。インプラント体はボルトやネジのような構造でできているので骨に固定することができます。素材は金属アレルギーの起きにくいチタンやチタン合金でできているため銀歯などとは違い金属アレルギーのリスクは低いと言われています。また、インプラント体の大きさは埋め込む歯の位置や骨の形によって異なりますが直径が3.5~6mm程度、長さは9~15mm程度のものが主流です。

2.アバットメント

インプラント体に直接歯科用のセメントで上部構造を固定する場合もありますが、上部構造のメンテナンス性を考えてアバットメントという部品をインプラント体にスクリューで固定し、その上に上部構造をつけるケースもあります。また、上部構造とアバットメントが一体化しているものなどもありインプラント器具のメーカーによってアバットメントに関する構造は様々です。

3.上部構造

実際に外側から見えて歯の形をした部分です。上部構造に使う素材には種類がありますがセラミックを使用すると自然な歯の色となって目立たないためセラミックを使用することをおすすめしている歯医者が多いようです。奥歯など頑丈さが優先される場合は金属で上部構造を作ることもありますが、最近は高強度のジルコニアというセラミックで作ることが可能となりました。また、

インプラントに関する基本的な情報についてまとめてきましたがいかがでしょうか。インプラントはここ20~30年で急速に普及してきた治療法であり日々進化を続けています。さらに入れ歯を作るのとは違い骨を削るなどの外科的な処置を行うため、高度な技術が必要な治療法です。治療を行うには時間もお金もかかりますのでインプラントを検討する際はよく情報を比較し、良い治療を受けられるようにしてくださいね。

このブログはみやかわデンタルクリニックが運営しています

お口のトラブルでお困りの方はお気軽にお問い合わせください

  • 052-565-6480 [診療時間]9:30〜13:30/14:30〜18:30 [定休日]日曜・祝日
  • 052-565-6480
  • インターネットから診察の予約をする
shutterstock_223292056 (1)

カテゴリー一覧