みやかわデンタルクリニック名古屋歯科ニュース

部分入れ歯の作り方や通院回数について

部分入れ歯を作ろうと思っているけどどれくらい時間がかかるかわからないし、作るのにどんなことをされるのか不安でためらっている方もいるのではないでしょうか。今回の記事では部分入れ歯の作り方のステップやどれくらい通院しなければいけないかといった情報をまとめましたので是非参考にご覧ください。

部分入れ歯の作り方

部分入れ歯はその種類にもよりますが、大きく分けると人工の歯(人工歯)、人工の歯茎(義歯床)、ほかの歯に引っ掛けるフック(クラスプ)という3つのパーツでできています。部分入れ歯の種類によっては作り方が一部異なる場合もありますが基本的な作り方についてご紹介いたします。

1.歯を削る

クラスプを引っ掛ける部分を作るためほかの歯を少しだけ削ります。歯の表層を削るだけですので通常は麻酔をかける必要はありません。

2.歯型を取る

抜けてしまった部分の歯型と、反対側の噛み合う歯の歯型を取ります。歯型を取るには印象材というトロッとした柔らかい素材を使用します。この印象材をトレーに入れたもので歯型を取るわけです。印象材が固まるまで2~3分で、歯の型がくっきりと取れます。

3.噛み合わせを確認する

上下の歯のどこの部分で噛んでいるかを確認するため噛み合わせ(バイト)を取ります。噛み合わせは専用のワックスなどの材料を歯の間に挟み、咬むことで噛み合わさっている部分の痕が付き、噛み合わせを記録することができます。

4.人工の歯の位置を確認する

クラスプを付ける前に人工歯と義歯床だけの状態で、ほかの歯や歯茎との並びを確認します。ほかの歯や歯茎の位置とずれている場合はこの段階で調整します。

5.部分入れ歯を付けて確認する

今度はクラスプを付けて実際に部分入れ歯を装着した状態でほかの歯や歯茎との並びなどを確認します。この際に噛み合わせの確認も再度行います。クラスプや義歯床の部分が歯茎など当たって痛い場合は歯医者さんに伝えて調整してもらいましょう。部分入れ歯を付けて確認できるようまでに大体3~5回ほど通院することになりますがこれで一旦完成となります。

部分入れ歯を作ったあとの調整

作ったばかりの部分入れ歯はおろしたての靴と同じでどうしても当たった部分が痛くなりやすいです。靴と違って部分入れ歯は体に合わせて自然に形を変えてくれませんので部分入れ歯が当たって痛い場合は歯医者さんに行って調整してもらう必要があります。大きな痛みが出ていなくても当たっている部分の状態や装着感を確認する必要がありますので最低1回は通院しましょう

まとめ

部分入れ歯の作成には調整を含めると数回の通院が必要になり、手軽に作りに行けるとは言いがたいものです。しかし、面倒だとほったらかしにしていると口の中のトラブルが進行して結果としてもっとたくさんの回数通院しなければいけないことになりかねません。何事も早く対応することに越したことはありませんので歯が抜けてしまっている人は早めに部分入れ歯を作りに行きましょう。

このブログはみやかわデンタルクリニックが運営しています

お口のトラブルでお困りの方はお気軽にお問い合わせください

  • 052-565-6480 [診療時間]9:30〜13:30/14:30〜18:30 [定休日]日曜・祝日
  • 052-565-6480
  • インターネットから診察の予約をする
shutterstock_120486451

お問い合わせ

このブログはみやかわデンタルクリニックが運営しています。
お口のトラブルでお困りの方はお気軽にお問い合わせください。

  • 052-565-6480 [診療時間]9:30〜13:30/14:30〜18:30 [定休日]日曜・祝日

入れ歯、義歯のアクセスランキング人気のある記事をランキングでご紹介します

おすすめのキーワード話題になっているキーワードはこちら

キーワード一覧はこちら

関連する特集最新の話題や季節に合わせた特集ページはこちら

おすすめのまとめ注目すべき情報をまとめました

カテゴリー一覧