みやかわデンタルクリニック名古屋歯科ニュース

入れ歯の違いとは 入れ歯のさまざまな種類と特徴

入れ歯の違いとは 入れ歯のさまざまな種類と特徴

一口に入れ歯といってもさまざまな種類があります。
どのような症状かにもよりますが、入れ歯は保険適用の治療なので、自由に設計することが出来ます。入れ歯もひとりひとりの口に合うものがありますので、自分の口に合う入れ歯を作ることが大切です。

入れ歯の種類もいろいろ

入れ歯といってもさまざまな種類があります。まず、形状の違いで大きく総入れ歯と部分入れ歯の2種類に分けることが出来ます。

総入れ

総入れ歯というのは、歯が全部失われてしまった場合に使われる入れ歯です。
全て入れ歯であっても健康保険が適応されますので、値段は1万円ほどで済みます。
総入れ歯の場合、プラスチック製のものしかありません。

部分入れ歯

まだ歯が残っている場合は、部分入れ歯が使われることになります。
抜けてしまった箇所に部分入れ歯をのせて、残っている歯にばねをかけて安定させます。
歯が1本しかのこっていないという場合でも部分入れ歯に出来ます。
健康保険が適応されている部分入れ歯には金属がついたものしかありませんので少し目立ってしまいますが、値段は5000~10000円ほどと比較的安価で治療することが出来ます。
保険適応外であればさまざまな種類の部分入れ歯もあります。

素材による入れ歯の違い

入れ歯にはたくさんの種類があり、素材による入れ歯の種類について紹介したいと思います。
素材によっては保険適用外となる場合がありますので、そのあたりは注意するようにしましょう。

レジンプラスチック床

入れ歯の土台となる義歯床が全てレジンプラスチックで出来ている入れ歯です。
歯茎の色に近いピンク色の土台を作ることは出来るのですが、強度を持たすためにある程度の厚みが必要になります。
保険適用の1番メジャーな入れ歯になります。

金属床

入れ歯の土台になる義歯床が金属でできている入れ歯です。
レンジプラスチックと比較すると、熱を伝えにくいので異物感が少なくなります。
しかし、保険適用外になります。

その他のさまざまな入れ歯

最近は、入れ歯にも保険適用外を含めニーズに合うさまざまな種類が登場しています。
それぞれに特徴、メリット・デメリットがありますので、どのような入れ歯があるのかどうかを知る参考にしてください。

ノンクラスプ

ノンクラスプは、残っている歯にひっかけるクラスプ部のない入れ歯になります。
素材によって固いものや柔らかいものを選択することが可能です。

磁石式

入れ歯と残っている歯の根の部分に、小さな磁石を取り付けて、その磁石の力で入れ歯を固定するタイプになります。
歯茎に歯の根の部分が残っていないと磁石式入れ歯は使用することが出来ません。

コンフォートデンチャー

生体用シリコーンというクッション性の高い素材が使用されていて、入れ歯と直接接する負担が軽減されています。
入れ歯をつけると違和感がある、痛みがあるという人におすすめの入れ歯です。

ブリッジ

歯を失ってしまった場合、両隣の歯を削り土台にして、失ってしまった歯を補うのがブリッジです。
健康な歯を削らなくてはならないというデメリットはありますが、見た目は違和感なくキレイで入れ歯よりも強力です。

まとめ

今回は、入れ歯のさまざまな種類について紹介してきました。
入れ歯にはいろいろな種類があるということが分かっていただけたのではないでしょうか。
歯というのはとても大切ですので、自分に合う最適な入れ歯を見つけることが大切です。
歯科医で納得いくまで自分に合うものを探しましょう。

このブログはみやかわデンタルクリニックが運営しています

お口のトラブルでお困りの方はお気軽にお問い合わせください

  • 052-565-6480 [診療時間]9:30〜13:30/14:30〜18:30 [定休日]日曜・祝日
  • 052-565-6480
  • インターネットから診察の予約をする
入れ歯の違いとは 入れ歯のさまざまな種類と特徴

お問い合わせ

このブログはみやかわデンタルクリニックが運営しています。
お口のトラブルでお困りの方はお気軽にお問い合わせください。

  • 052-565-6480 [診療時間]9:30〜13:30/14:30〜18:30 [定休日]日曜・祝日

入れ歯、義歯のアクセスランキング人気のある記事をランキングでご紹介します

おすすめのキーワード話題になっているキーワードはこちら

キーワード一覧はこちら

関連する特集最新の話題や季節に合わせた特集ページはこちら

おすすめのまとめ注目すべき情報をまとめました

カテゴリー一覧