みやかわデンタルクリニック名古屋歯科ニュース

入れ歯の種類とは それぞれの特徴と費用について

入れ歯の種類とは それぞれの特徴と費用について

ひとことで入れ歯といってもいろいろな種類があります。
保険内で作れるものもあれば、保険が適用されないものなどもありますが、自分に合う入れ歯を見つけることが大切です。
入れ歯の種類について紹介しますので、入れ歯を検討しているけれどどんな風にしたいのか良く分からないという方の参考になると幸いです。

入れ歯の種類について

入れ歯の種類は大きく分けると部分入れ歯か総入れ歯の2種類になります。
部分入れ歯から総入れ歯まで、基本的にはどんな入れ歯でも保険が適用されます。
しかし、部分入れ歯も総入れ歯も、健康保険適用かどうかで素材や形変わります。
保険適用だと値段はとても安くなります。
ただ、保険で入れ歯を作った場合、1度作ると6か月経過しないと病院を変えても新しい入れ歯を作ることが出来ないというルールがあります。
保険適用外で自費の入れ歯を作る場合値段はどうしても高くなります。
しかし、その分はバリエーションはとても豊富になります。
値段は高くなりますが、選択肢もそれだけ増えるということです。
入れ歯にもいろいろと種類があるので、どれが自分に合う入れ歯かどうかを見極めることが大切です。

部分入れ歯と総入れ歯の違い

総入れ歯と部分入れ歯の特徴を見ていきましょう。

部分入れ歯

部分入れ歯は歯を部分的に失った場合に入れ歯のことです。
残っている歯に金具をかけることで入れ歯を維持します。
金具の種類もさまざまで、針金のように柔らかいものを使うこともあれば、かたいものを使うこともあります。
歯にあった金具を使用します。

総入れ歯

総入れ歯は歯を全部失った人に入れる入れ歯です。
上の総入れ歯は歯茎の土手に真空状態で密着させて維持をさせ、下の総入れ歯は唇と舌と頬の筋肉のバランスで維持させるように作られます。
総入れ歯の場合噛み合わせが悪い、痛みが出るなどのトラブルが起こることも多いようです。

保険が効かない自費入れ歯とは

先ほど、入れ歯には保険が効く入れ歯と効かない入れ歯があると言いました。
入れ歯というのは、基本的に健康保険で作ることが出来ます。
ですが、より良い入れ歯を作りたいのであれば、保険が適用にならない入れ歯を作ることも可能です。
部分入れ歯だと、残っている歯に入れ歯の支えを頼ることになるので、金具がかかる歯が虫歯になりやすかったり、グラグラしたり、健康な歯にトラブルが起こる可能性が高くなってしまいます。
自費で作る入れ歯の場合は、そういったトラブルを回避することが出来る素材が使用されます。健康な歯に負担をかけることのない維持装置を付けることが出来るのです。
入れ歯には以下のような素材があります。

  • ノンクラスプ義歯
  • マグネット義歯
  • 金属床
  • テレスコープ義歯
  • アタッチメント
  • 軟性義歯

どれが自分に合うのかは、歯科医できちんと診てもらい相談しなければなりません。

まとめ

今回は入れ歯の種類と特徴について説明してきました。
いかがでしたか?
一言に入れ歯と言っても多くの種類がたくさんあり、使用する素材も数多くあります。
保険内で作りたいのか、保険外でも質の高いものを望むのか、希望に合う入れ歯をぜひ手に入れてください。

このブログはみやかわデンタルクリニックが運営しています

お口のトラブルでお困りの方はお気軽にお問い合わせください

  • 052-565-6480 [診療時間]9:30〜13:30/14:30〜18:30 [定休日]日曜・祝日
  • 052-565-6480
  • インターネットから診察の予約をする
入れ歯の種類とは それぞれの特徴と費用について

お問い合わせ

このブログはみやかわデンタルクリニックが運営しています。
お口のトラブルでお困りの方はお気軽にお問い合わせください。

  • 052-565-6480 [診療時間]9:30〜13:30/14:30〜18:30 [定休日]日曜・祝日

入れ歯、義歯のアクセスランキング人気のある記事をランキングでご紹介します

おすすめのキーワード話題になっているキーワードはこちら

キーワード一覧はこちら

関連する特集最新の話題や季節に合わせた特集ページはこちら

おすすめのまとめ注目すべき情報をまとめました

カテゴリー一覧