みやかわデンタルクリニック名古屋歯科ニュース

虫歯の原因と予防する方法を知ろう!

虫歯の原因と予防する方法を知ろう!

虫歯は痛いですし、治療に通うのも大変なので、虫歯にならないというのが1番良いですよね。しかし、歯磨きをしていても虫歯になってしまうことはあります。
虫歯の原因を深く考えるということは少ないと思いますが、虫歯の原因を知り意識することで、虫歯予防に繋がることがあります。
今回は、虫歯の原因と気軽に始めることが出来る予防方法について紹介します。

虫歯の原因とは

虫歯の原因にもいろいろなことが考えられますが、食事をすると歯の表面に虫歯菌のもととなるプラークが栄養を取りこんで酸を出します。
ここで放出された酸が、エナメル質の内部に浸透して歯を溶かし柔らかくなります。
そして、この柔らかくなった部分を虫歯と言います。
ここの虫歯菌が侵入するとさらに深い虫歯になってしまうのです。
簡単に説明しましたが、これが虫歯出来るメカニズムになります。
歯の表面が酸にさらされる時間が長いと虫歯になりやすくなるので、間食が多い人、甘い食べ物を良く食べる人、酸性の度数が高く歯を弱くする可能性が高いワインやお酢の摂取も歯を弱くするので、虫歯の原因に繋がります。
唾液が少なくなる就寝前に歯を磨かないというのも虫歯の原因になります。
ですから、寝る前にはきちんと歯を磨くようにしましょう。

生活習慣を見直して虫歯の原因を防ごう!

虫歯にならないようにするためには、予防することが大切です。
そのためには、日ごろの生活習慣を見直すようにしてください。

歯磨きを見直す

歯磨きを毎食後しっかり行っていても虫歯になるという場合、きちんと歯磨きが出来ていないという可能性が高いです。
歯と歯の間、噛み合わせの部分がきちんと磨けていないと虫歯になってしまうので、きちんと正しい歯磨きをすることが大切です。
歯ブラシだけでなく、歯と歯の間の汚れを取ってくれるデンタルフロスや歯間ブラシなどを使用するようにしましょう。

唾液を出す

唾液には酸の中和を促進する働きがあります。そうすると口の中は虫歯になりにくい状態になります。キシリトールは唾液を出しやすくするだけでなく、むし歯の原因となるプラークをつきにくくする働きもあるのでおすすめです。

定期的にフッ素塗布をする

フッ素には歯になりにくい歯を作る作用があります。
フッ素の利用は虫歯予防にとても効果的です。歯医者などでもフッ素は虫歯予防に使用されています。

まとめ

今回は、虫歯の原因や予防方法について紹介してきましたがいかがでしたか?
虫歯というのは、いろいろな病気へ影響するということが分かってきていますので、歯のためだけでなく、体の健康のためにも虫歯を予防するということはとても大切です。
虫歯予防をしっかり行って虫歯を防ぐことを心がけるようにしてくださいね。

このブログはみやかわデンタルクリニックが運営しています

お口のトラブルでお困りの方はお気軽にお問い合わせください

  • 052-565-6480 [診療時間]9:30〜13:30/14:30〜18:30 [定休日]日曜・祝日
  • 052-565-6480
  • インターネットから診察の予約をする
虫歯の原因と予防する方法を知ろう!

この記事に関するキーワード

お問い合わせ

このブログはみやかわデンタルクリニックが運営しています。
お口のトラブルでお困りの方はお気軽にお問い合わせください。

  • 052-565-6480 [診療時間]9:30〜13:30/14:30〜18:30 [定休日]日曜・祝日

虫歯のアクセスランキング人気のある記事をランキングでご紹介します

おすすめのキーワード話題になっているキーワードはこちら

キーワード一覧はこちら

関連する特集最新の話題や季節に合わせた特集ページはこちら

おすすめのまとめ注目すべき情報をまとめました

カテゴリー一覧