みやかわデンタルクリニック名古屋歯科ニュース

歯並びが悪いとどうなる? 歯並びの重要性とは

歯並びが悪いとどうなる? 歯並びの重要性とは

歯並びが悪くて悩んでいる人も少なくありませんよね。
前から見たらそこまで悪くなくても奥歯の歯並びがガタガタということもあります。
歯並びが悪いと見た目にも良くないですし、そのほかにもいろいろな影響を与えることになります。
歯並びが悪いとどうなるのか、歯並びの重要性についてみていきましょう。

歯並びが悪いとどうなる?

歯並びが悪いと良くないと言いますが、いったいどのような影響があるのでしょうか。

噛みあわせ悪くなる

歯並びが悪いと歯の位置がずれていることが多いので、上下の歯の噛み合わせが悪いということがとても多いです。噛み合わせが良くないと口や顎全体のバランスが崩れて、顎関節症になったり、きちんと食べ物を噛むことが出来ずに、内蔵に負担をかけることになってしまいます。

見栄えが悪い

歯並びのせいで見た目が悪くなるのは1番気になる問題と言えるかもしれません。
奥歯の歯並びが悪い場合、見た目ではわかりにくいですが、前歯の歯並びが悪いとどうしても目立ってしまうので、コンプレックスになりかねません。
人は見た目ではありませんが、口元は目がいきやすい部分なので、見栄えが悪くなるというのは深刻な問題ですよね。簡単に割り切れることではないと思います。

歯並びを良くするためには

歯並びが悪いと見た目だけでなく、健康面でも影響が出て深刻な問題になりかねないので、歯並びが悪くならないようにすることが何より大切です。
歯並びを良くするためには、歯並びを決定する乳歯を大切にしましょう。
乳歯が虫歯にならないように気を付け、永久歯の準備が出来て自然に抜けるのを待つというのは1番良いと言われています。
乳歯が虫歯にならないように予防することは歯に良いだけでなく良い歯並びにもつながりますので、小さいころから歯のケアをしっかりと行っておくことが大切です。
歯並びを治療する矯正は、保険がききません。
そのため、治療費がかなり高額になってしまいますので、出来れば治療しなくても良いようにきれいな歯並びにしたいですよね。
歯並びが悪くならないように出来る範囲で良いので、子供の頃から十分に歯のケアを行うようにしましょう。

歯並びは子供の頃に決まる!?

永久歯は乳歯があったところと同じところから生えてきます。
乳歯が自然に抜けると、永久歯が生える準備が出来たというサインですので、抜ける前の乳歯は永久歯が生えるためのスペースを確保しているわけです。
つまり、準備が出来る前に虫歯などが原因で乳歯を抜いてしまうと良くないわけです。
準備が出来ていないのに、永久歯が生えてくるとあとから生える永久歯のスペースにまで割り込んできて、少しずつ歯並びがずれていってしまうので、歯並びが悪くなります。
永久歯の準備ができたときに乳歯が出来ればあいた部分に永久歯が生えて、自然にきれいな歯並びになるわけです。
歯並びは子供の頃に決まると言っても過言ではありません。
その他にもつめを噛む、指をなめるなどの行為が歯並びを悪くする理由になると言われていますが、特に気を付けたいのが乳歯を大事にするということです。

まとめ

今回は、歯並びがどうしてそれほど大切なのか、重要性について説明しました。
もう大人になってしまってどうしようもない・・・という人もいると思いますが、永久歯に生え変わってしまった場合、歯並びを治すには矯正治療しかありませんので、子供の頃から気を付けるということが何より大切になりますよ。

このブログはみやかわデンタルクリニックが運営しています

お口のトラブルでお困りの方はお気軽にお問い合わせください

  • 052-565-6480 [診療時間]9:30〜13:30/14:30〜18:30 [定休日]日曜・祝日
  • 052-565-6480
  • インターネットから診察の予約をする
shutterstock_280989074

お問い合わせ

このブログはみやかわデンタルクリニックが運営しています。
お口のトラブルでお困りの方はお気軽にお問い合わせください。

  • 052-565-6480 [診療時間]9:30〜13:30/14:30〜18:30 [定休日]日曜・祝日

審美のアクセスランキング人気のある記事をランキングでご紹介します

おすすめのキーワード話題になっているキーワードはこちら

キーワード一覧はこちら

関連する特集最新の話題や季節に合わせた特集ページはこちら

おすすめのまとめ注目すべき情報をまとめました

カテゴリー一覧